ダイハツの軽オープンスポーツカー新型「COPEN(コペン)」が大ヒット!カスタム甲斐のあるボディがカッコイイ!!

公開日: : COPEN(コペン), ダイハツ ,



ダイハツ軽自動車のオープンカー新型「COPEN(コペン)」の販売がスタートした!
発売開始から1か月で4000台受注の好スタートをきっている。
▼カスタム甲斐のあるダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)」
wildstyles_copen08 wildstyles_copen06
VIP乗りのヤンキーやギャルには響きの悪い軽自動車かもしれないが、このダイハツ新型「COPEN(コペン)」はオープンカー(カブリオレ)仕様車とあって2台目(セカンドカー)目的なのか販売数でヒットを飛ばしている。
▼ダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)」の購入層

●ダイハツ・コペン初期受注 年齢構成比
20代以下:10%
30代:20%
40代:20%
50代:25%
60代以上:25%
●ダイハツ・コペン初期受注 男女比
男性:80%
女性:20%
●ダイハツ・コペン初期受注 MT/AT比
AT(CVT):70%
MT:30%
車両価格は税込み179万8200~181万9800円

▼ダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)」
wildstyles_copen04
MT(ミッション)のメーカー希望小売価格は181万9800円とAT(オートマ)よりも高めの設定だ。
車を操作する楽しさでMT(ミッション)の購入率が比較的に高いのだろう。
CVTはエンジンとの協調制御により変速レスポンスが向上。
MTは1・2速にダブルコーンシンクロを採用するなど細部がチューニングされ、
シフト・フィーリングが向上しているそうだ。
JC08モード燃費はアイドリングストップを備えるCVTが25.2km/Lであるのに対し、MTは22.2km/Lとなる。

「KOPEN future included Xmz」をベースとするタイプは、2014年秋に発売予定となっている(下の画像:左)。名前もまだ「COPEN Xモデル」という仮称で呼ばれており、一般公募で決まるはずの正式名称は明らかにされていない。
▼ダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)Xモデル」
wildstyles_copen03
カスタムされたボディが特徴的でいかしたスタイルだ。

「第3のデザイン」と説明された丸目ライトを持つスタイルには先代の面影が最も色濃く残っている。
▼ダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)丸目デザイン仕様車」
wildstyles_copen07

▼ダイハツ軽自動車新型「COPEN(コペン)」インテリア
wildstyles_copen01 wildstyles_copen02

ダイハツ「COPEN(コペン)」のファンもこの新型からのオーナーも多いだろう。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
スポンサーリンク

関連記事

wildstyles_decadeca01

ダイハツが新型軽自動車「DECA DECA(デカデカ)」発売!!カスタム風ボディにヒットの期待!

ダイハツ(DAIHATSU)は車内空間を広くとった軽自動車「DECA DECA(デカデカ)」をベース

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

wildstylePCアドセンス


  • 友達追加数




PAGE TOP ↑